【BL同人誌イベント】2018/10/21Jガーデンに参加します!サンシャイン4階Bホールた04aアバロニス委託。百合小説新刊出ます!

※2018/10/11更新:Jガーデン、本は落としました。

『伊藤君と円先輩Labo』を本をお買い上げの方に一冊差し上げます!(先着順。無くなり次第終了)

 

というわけで、文学フリマ東京2018/11/25開催にいらしてください! → https://bunfree.net/event/tokyo27/

新刊『ヤクザの嫁になったオタクな僕』

予価1000円

表紙はまだ仮。

こっちの金タイトルは恐らく電子書籍で使います。

同人誌版はタイトルが箔押しになります。

 

百合小説・本文抜粋

※※※

任侠一家桜山組。
そんな古びた組織を抱えるのが僕の実家だ。でも僕は絶対に家を継ない。
桜山烈(さくらやま れつ)。それが僕の名前。まどかとかほむらとか、そんな美しい運命を抱えたような名前じゃない。悲劇のヒロインの代名詞・マミさんとも違う。
女ばかりの任侠一家の跡継ぎと期待されて生まれた長子の僕は烈と名付けられた。烈女。節操堅固で気性の烈しい女になるよう付けられた名前だ。正直、平和主義の僕に全く似合わない。
ヤクザというのは過去の異物だ。シマの歌舞伎町でいくつかのビルを持ち、店を運営する。それだけなら特に問題がないビルと店舗経営だが裏には暴力がつきまとう。僕はそこが嫌いだ。子供の頃からお稽古事として格闘技や剣道等を習っているがそれはあくまでも自己防衛のためで闘うためじゃない。
闘いは好きじゃない。
だから僕は美術コースがある新宿芸術高校に通い、毎日せっせと絵を描いたり漫画を描いたりしている。将来の夢は漫画家だけど、それで食っていけるほど甘い世界じゃないのは知っている。だからデザイン事務所とかに勤めてから独立する予定だ。
「烈はさぁ、来週十八歳の誕生日でしょ?」
横でデッサンしている同級生・山梨ミコが言う。
「あぁ、うん。来週の、週末ね……来週は家族と食事会でさ……」
来週は十八歳の誕生日。組をあげてのバースデーパーティーが開かれる。学校の友達は呼べないヤツだ。毎年誕生日パーティーはあるが、今年は少し豪華だ。右を向いても左を向いてもヤクザ関係者ばかりのパーティーなんて参加したくないが、桜山組員はみんな家族のようなものだから行く予定だ。他の組の人間なんて呼ばなくてもいいのに。
僕は溜め息を吐きながら裸のお姉さんを見つめ、筆を進める。
「なんだよ。せっかくの誕生日なのに暗いね」
「まぁ、ね。この歳でホームパーティーっていうのもさ」
「じゃあ、気晴らしに今夜、シークレットクラブにでも行く?」
「シークレットクラブ?」
「ショーがアニメコスプレお姉さんに変わっただけのクラブだよ~。シークレットなのは一部のコスプレお姉さん達が裸になって、アニソンに合わせて踊るから」
「行きたい! ハコどこ?」
歌舞伎町だと知り合いばかりだからアウトだ。
「六本木」
「いいね」
「二十三時スタートだけど、家は平気? 門限とかさ」
「ダメ……だけど……、あっ! 姫も連れて行っていい?」
「あー、姫ちゃん。あの眼鏡美人な幼なじみね。いいよ。あたし、顔パスだから」
「姫も行けばママもオーケーしてくれると思う」
「付き添いアリね。相変わらずお嬢様だよねぇ、烈は」
ミコがくすくすと笑う。
「お、お嬢様じゃないってば!」
「だってあの姫さん、いつも烈のこと『お嬢』って呼んでいるじゃん?」
それはビミョーに意味が違うんだよ、ミコ……とツッコミたかったけど止めた。
「門限は厳しく送り迎えは黒塗りベンツ。美人運転手付き」
「ミコだって送り迎え来てるじゃない」
「まぁね、うちの学校、そんなのばかりじゃん? それでも烈んところのベンツと運転手は目立つよ。あの黒スーツに白手袋。サングラスかけた運転手、格好いいし。ヤリタイ」
「ダメ! あれでも真面目な奴だから」
相手はヤクザだよ、ミコ。
「彼女、恋人は?」
「……いる」
それも複数だ。恋人というよりウチ系列店のオンナを管理しているに近い。
「あー、残念! そうだよねー、彼女、あんなに格好いいもんねー! 背丈なんて十八〇センチはあるんじゃない? モデル体型ってやつ? あ、筆が滑った」
ミコが消しながら頬を膨らませる。以外とマジな発言だったのかもしれない。
「今夜、どんな服装がいいかな」
「ゲームキャラのコスプレしよう。烈はBLと百合、どっちがいい?」
「BL。スカート似合わないし」
「烈、そういえば制服のスカートは穿いて来ないね。スカート嫌い?」
「女子高生でスカートを穿いてるとナメられそうだし」
「そりゃそうだ。ウリ専と間違えられるのもね。会場にコスプレ衣装があるから……うわー、姫さんの男装、美しいだろうなぁ。黒スーツ姿しか見たことがないけど。白い王子様コスプレとかして欲しい」
ミコがうっとりと宙を見上げ、頬を赤く染める。
歌舞伎町の鬼神・桜島鬼姫(さくらじま おにひめ)の白い王子様コスプレか。笑える。

学校が終わり、僕達は軽い夜食を取ってから六本木にある会場へ向かった。入ってすぐにある更衣室は思った以上に広く、人が沢山いた。さらに奥の衣装室へと向かう。
「ウィッグもあるけど、烈はセットするだけでいいね」
「凄い。先月出たばかりのゲームコスプレ衣装が沢山ある」
「このクラブはシークレットじゃなくてもいつもそう。あたしらは主人公キャラの高校生、姫さんはライト仲魔の天使ね! 白い軍服!」
ミコは白い軍服を鬼姫に当てる。
「凄い! やっぱり似合うわ! 姫さん!」
「どうも」
鬼姫は氷の微笑を浮かべる。
ミコは真っ赤になりながら鬼姫をじっとみつめていた。
「ミコ、着替えよう」
ミコは僕に肩を叩かれ、はっとし、頷いた。
僕らは更衣室でテキパキと着替える。
「髪とかウィッグはメイク担当さんがやってくれるから」
僕らはミコに連れられ鏡の前に座る。
「凄い。いちいちマニアック」
「そう、そこがウケてるわけよ。今日のシークレットは招待制だけど、普段のチケットとか人気でさ、ネットフリマで売買されてスッゴく高値なんだよ」
「招待制って、僕、来ても良かったの?」
「うん。このコスプレ衣装を卸しているの、うちの会社だから」
「あぁ、ミコんちアパレルもあるもんね」
「アパレルも、というかそれがメイン」
ミコがちらっと僕を見る。
「へぇ……意外。烈、男装コス、似合い過ぎ。主人公キャラが3D化してる」
「ありがとう。前髪を上げていると、スースーする」
僕は鏡を見ながら眉間に皺を作る。
「いつも上げてなよ。格好いいじゃん」
「またまた。ダサいのは自覚してる」
「え? いや、そんなことないって」
そして次の瞬間、ミコが悲鳴を上げる。
「キャー! 姫さん! 美形過ぎ!」
ミコの瞳にハートが飛び散る。
僕は白い軍服を着た鬼姫を見てふっと笑う。桜山組組員は顔で選んだのかと言われるぐらい美女揃いだ。鬼姫も子供の頃から綺麗で、人々の視線を集めていた。それに比べて僕は平凡。ママも、ニューヨークで仕事をしているパパも美形なんだけど。美形要素は僕にない。
ミコもアイドルみたいな甘いフェイスだ。男装してても女子高生に見える。
「さぁ、着替えが終わった。会場へ行こう! 烈!」
アイドルフェイスの男装美少女が、僕の腕を引っ張った。
会場は思ったより暗い。中央のステージにはコスプレした美女達が絡み合ってる。百合やBLカップルだけど、皆、女性だ。
「零時を越えると激しいゲイコスがね……乱パみたいに……」
騒音の中でミコが言う。
このパーティー形式はいいなと僕は思いながら経費を試算する。でも赤字が出そうだ。チケット転売時にサクラを投入して高額にし、そこで利益を出すのだろうか。イベントへ行くと鬼姫にメールした時、ビルは宮組系だから安全だと返事が来た。
宮組は全国規模の老舗ヤクザ組織で女系だ。うちの桜山組もそうだが男系ヤクザが表とすると、女系ヤクザは裏。マスコミにも警察にもマークされない女性ばかりの巨大な暴力集団。日本の影の歴史を作っている。宮組は日本全国を押さえているが、うちのシマは歌舞伎町周辺。地元密着型ヤクザ組織だ。宮組に上納金を払う下部組織に過ぎない。
僕はそっと会場を見渡す。コスプレをした警備員みたいな雰囲気の女性が要所要所にいる。あれが宮組の組員だろうか。カタギにしては筋肉の付きが良く、気配を消し過ぎている。
会場が一段階暗くなる。
ステージではコスプレをした男達がキスをし、絡み合う。ズボンが脱がされ下着から勃起した性器がぬるっと……。
「あっ」
僕はステージに気を取られ、飲み物を持った女性とぶつかった。服にピシャリと飲み物がかけられる。
「失礼。服が」
女性は暗闇の中で僕の肩を抱く。
「悪かった。更衣室へ行こう。着替えがあるはずだ」
「いや、別に大丈夫です。一人で……」
「いや、そんなわけにはいかない」
力強く僕の肩を抱き、グングン人混みの中を進む彼女。
後ろを振り向き、僕は鬼姫を探すが離れてしまったようだ。
会場内なら問題はないだろうと思い、僕も更衣室に足を進めた。
明るい更衣室。
「あっ……」
僕の肩を抱いていたのは有名アクションゲームのコスプレをした背の高い美女だった。凄い、銃を持てば完璧だ。身体が密着していたから分かるが格闘技が強そうな筋肉質なボディ。そして人を制圧するような強い瞳。
僕は瞳の強さに飲まれないようにキッと見返す。
彼女は一瞬驚き、ふっと笑った。月下美人のような冷めた華やかさ。
俺の腹がずくんとする。
生理か? いや、先日終わったはかりだったはず。
「衣装部屋はこっちだ」
更衣室には誰も居なかった。先程までの混み方が嘘のようだ。
更に奥へと進み、広い衣装部屋へ入る。
「あぁ、濡れてしまっている。本当にすまなかった」
彼女は僕の上着に手をかけ、そっと脱がしてくれる。
「すいません。いや、気になさらずに。あの暗闇ですから」
「こんな楽しい夜に不快な思いをさせてしまったね。私は紅(くれない)。君は?」
「あ、烈です。紅さんですか。いい名前ですね」
「ありがとう。君に誉められると嬉しい。凄く嬉しい」
紅は手に持っていた汚れた上着を床に落とした。
そして僕の身体をホールドする。
重なる唇。
交じり合う腿。
茫然とした僕の顔が、紅の濡れた瞳に映る。
体温が上がり、何が起こっているのか分からない身体から力が抜ける。
紅はダンスをするように僕の身体を動かし、壁へ押し付けた。
「口を開けてごらん」
紅の指示通りに口を開けてしまう僕。彼女の目が色っぽく輝く。
「んっ……!」
強い舌が僕の口腔を蹂躙する。歯茎を初めて舐められ、背中が震える。
僕の股の間に入った彼女の鍛えられた腿がぐいっと上がり、熱が伝わってくる。
長いキス。揉まれる胸。こねられる乳首。熱くなる股間。ギュッと握られる尻。身体は汗ばみ、唾液が口から溢れ喉へと流れる。
紅が僕のシャツのボタンに触れた時。
「烈ー? いるー?」
ミコの声だ。
紅が僕の耳へ囁く。
「私達はまた会う。愛しい人」
そう言うと紅は僕の体を回転させ、ドアに向けさせる。そして背中をとんっと押した。
僕が前へよろめくと、ミコと鬼姫が衣装部屋へと入ってきた。
「烈! 良かった、探したんだよ!」
「お嬢!」
僕は真っ赤になりながら後ろを振り向いた。
「あの、この人が……」
そこには誰もいなかった。
「上着。あっ! 汚れてる! 大丈夫、大丈夫、着替えあるから!」
ミコが汚れた上着を拾い上げ、使用ずみと書かれた籠に入れ、衣装棚へと向かう。
衣装を探すミコを見ていた僕の顎を、鬼姫が軽く押さえた。
「お嬢。唇が汚れています」
無表情のまま怒りのオーラを纏っている鬼姫にキュッと唇が拭かれた。彼女の純白のハンカチが紅に染まる。
紅。あの人の口紅だ。僕は真っ赤になりながら鬼姫からハンカチを奪ってポケットへ入れる。
「ありがとう」
幻なんかじゃない。紅はいた。僕のファーストキスを奪った美しい女。
ゆっくり唇を舐めた。あの人の感触を思い出しながら。

「十八歳かー」
明日になれば誕生日だ。もう成人になる。子供の時間が終わる。
僕はオタクショップに並ぶ魔法少女達の着せ替え人形を見る。パンツの下には割れ目や陰毛もあるという噂だ。価格は五万円。
「高い……でも誕生日だし……いっか!」
僕は店員に商品を出して貰いカードで支払うと伝える。
「このカードは停止されてます」
店員が苦笑いを浮かべながら言った。
母のファミリーカードだ。僕は購入をキャンセルして自宅へと戻った。
「ママ! カードが使えないなんて一体、何をしたの!?」
母はにこにこ笑いながらお茶を飲み干す。
「ごめ~ん、烈。貴女に売れって言われてた仮想通貨……ね……」
母はおどけてぺろっと舌を出す。
「ま、ま、ま、まさか……」
僕は真っ青になった。
「そうなのよ~、もうちょっと! って思ってたら暴落しちゃって! 今月上納金が払えなくなっちゃった!」
「いやその前に資産は!?」
「ん? ないわよ?」
「ないって……」
「えへ、差し押さえられちゃった。パパの会社の資産も!」
身体がすーっと冷たくなっていく。
「それでね、烈、明日のパーティーなんだけど……」
「パーティーなんてやってる場合じゃないでしょ!」
「もう会場費は支払い済みだから大丈夫! それでね~……」
ママは言いにくそうに口角を歪ませる。
「明日は貴女の誕生日兼婚約パーティーになったの!」
婚約……パーティー? 聞き違いだろうか。
「はぁ?」
「宮組からね、融資の相談が来て。ほら、額が額じゃない? 今月の上納金が払えませんって伝えたら、貴女の婚約話が浮上してね……」
僕は真っ青になったまま、視線をうろうろさせる母を見た。
「宮組の娘さんと桜山組の烈を結婚させたら融資分と同額の結納金でチャラになるの! いい話でしょ?」
母がにっこりと笑う。
「全然良くない! 僕は一生オタク道を貫くし、結婚は一生しない! それに宮組のお嬢様と結婚なんて言語道断! 絶対、ヤクザにはならない!」
「でも凛ちゃんの高校進学費用もないのよ?」
母が甘い声で言う。
僕はまだ幼い妹・凜の笑顔を頭に浮かべ、怯む。
「それに……まだ中学二年生の凛が婚約っていうのもねぇ」
母のわざとらしい溜息。
「ありえない! 凛は……凛は絶対にダメだ! 凛はカタギさんと一緒になって、綺麗なお嫁さんになってヴァージンロードを……」
「でも学費も結婚費用もないのよ?」
「僕が働く!」
「高卒で? 美術しかやってこなかった貴女が? 高卒で就職じゃ毎月のお給料で毎月貴女が使ってたカード代すら払えないわよ」
「でも!」
一枚板で出来た黒い神代欅(じんだいけやき)のテーブルをドンッと僕が叩く。
次の瞬間。
タンッと湯飲み茶碗を母が置く。茶碗は刀で切られたように真っ二つに割れた。
真顔の母が冷たい声で言う。
「覚悟を決めな」
「はい」
この時、僕の人生は終わった。

同人誌に続く。

即売会情報

Jガーデン2018/10/21→ http://www.jgarden.jp/

文学フリマ2018/11/25→ https://bunfree.net/event/tokyo27/